畠山農園とは

創業40年4代目の創り出すシャリシャリなあまさ
家族一丸となってこの美味しさを全国にとどけたい

 

家族で食べる幸せなあまさ

皆さん、こんにちは。畠山正博と申します。
祖父の代から続く40年続く畠山すいか農園の代表です。

北海道富良野市という北海道のど真ん中にあるすいか農園です。
寒い冬の2月から苗を育てて夏には美味しいすいかがたくさんできます。
秋にはその他の野菜もやってますが、メインはなによりもすいかです。

皆さんが想像される大きなすいかももちろんですが、
数年前、小玉すいかをはじめました。

これが僕たちが研究に研究を重ねて作り上げた最高のすいかなんです。

すいかにとって最高の環境である富良野

北海道富良野市は

・盆地特有の内陸性気候
・昼夜の寒暖差が大きい

この理由から

・実の締まり
・水々しさ
・安定した糖度

を創り出すことのできるすいかにとって最高の場所なんです。

すいかの出荷は沖縄から始まり、富良野は1年の最後に出荷するその年最後のすいか産地
最後にいただく夏の贅沢があじわえることができます。

 

ほとんど手作業で手間暇をかけて育てています!
家族一丸で最高のおいしさを届けます!

すいかの着果時期の強風によって葉で擦られて玉に傷がついて売り物にならなくなってしまう
雨続きによる湿害でカビの病気が蔓延して収穫直前に廃棄処分になることもある
熊や鹿、アライグマ、カラスなどの野生動物による食害

すいかに傷がつかないようにするためと、
すいか全面がちゃんと緑色になるように1玉1玉マットを敷く。

 

 

 

種まき、苗つくり、植えつけ、収穫までのほとんどが手作業

家族一丸でやってます

うちは、妻と娘3人の5人家族です。
忙しい時は家族みんなですいかのお仕事をしてます。
とても仲良しの家族ですが、時にはケンカするときもあります。
でも、みんなで一緒に食べるあま~~いすいかがあるから、すぐに笑顔になれます。
大好きな人と一緒に食べれば最高においしいです。

僕たちのつくった最高のすいかを全国の皆さんに食べてほしいです!
そして富良野に遊びにきてください。

 

タイトルとURLをコピーしました